スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツキノワグマ独自進化

四国のツキノワグマは絶滅寸前らしいですが、四国にツキノワグマがいたとは知りませんでした。

なんとか絶滅しないように保護してもらいたいですが、どうなるんでしょうか?




ヤフーニュースより引用



絶滅の恐れがある四国のツキノワグマは、本州産とは異なる独自の遺伝的特徴を持つことが、九州大大学院自然保全研究室の小池裕子教授らの研究で分かった。約5万年前に本州産から分かれたと推定され、希少性が高く、自然保護団体などは本格的な保護活動の必要性を訴えている。

 四国のツキノワグマは徳島、高知両県にまたがる剣山に十数頭から数十頭生息。保護を目的に調査しているWWF(世界自然保護基金)ジャパンなどが平成17年から、うち4頭に電波発信機を装着して生態を研究している。

 小池教授らは、この4頭の血液サンプルと、過去に捕獲した7頭の組織片からDNAを抽出して分析。その結果、6頭から本州では見られない独自の遺伝子タイプを検出し、86%の確率で本州産とは異なることが判明した。

 四国のツキノワグマはこれまで、瀬戸内海ができて四国が孤立した約1万年前に本州から移ったとされてきた。しかし、本州産の遺伝子と比較して進化の過程を調べたところ、約5万年前に分かれ、独自の遺伝的特徴を保持してきたとみられることが分かった。

 ツキノワグマのオスの体重の全国平均は80キロ程度だが、四国産は40~50キロと全体的に小型という。

 ツキノワグマは本州と四国に生息し、自然環境研究センターによると全国の生息数は8400~1万2000頭。WWFジャパンは「四国では健全に存続できる個体数の100頭を下回っている可能性が高く、非常に危機的な状況。保護のためのエリアを指定すべきだ」と話している。



タグ:絶滅の恐れ 四国 ツキノワグマ 独自の遺伝的 九州大大学院 自然保全研究室 約5万年前 自然保護団体 保護活動 数十頭生息
スポンサーサイト
プロフィール

純情ジュンコ

Author:純情ジュンコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。